◆波動アップヒーリングとは大いなる愛の力により愛に導き霊性を高めていくヒーリング


ヒーリングとは癒しということですが、はるか昔からスリランカでは代替医療として使われ今でも行われています。

ヒーリングと言うとみな同じというイメージですが、どこと繋がりどこをエネルギー源にしているかでヒーラーの体調にも影響を及ぼしてきます。

 

人間である意識状態の潜在意識レベルと繋がってのヒーリング、中間層(魂)レベルと繋がってのヒーリング、内なる神と繋がってのヒーリングの方法があります。

 

人間意識レベルや魂レベルで行うヒーリングは相手の負のエネルギーを受け、イライラしたり疲れたり苦しくなったり体調が悪くなったりするのはヒーラー自身の波動が低いから影響を受けるのです。

受ける受けないの違いはヒーラーがどこのエネルギー源と繋がっているのかという事です。

 

人間レベルや魂レベルで行うヒーリングは光が現れていないため、相手のマイナス的なものを消す力がないのでマイナス的なものを受けたり与えたりしている波動状態です。

またエネルギーは高いところから低い方へと流れます。

私も以前、波動状態が光を伴っていなかった時にヒーリングをして苦しい体験をしたから分かるのです。

闇の影響を受けないヒーリングの方法は大いなる愛(内なる神)の光を心に持って来ることが不可欠です。

光は闇を消す力があり、光が現れれば闇はおのずと消えるということです。

 

ヒーリングで病気を完治することは稀なことで、ほとんどの病気の場合、体調が楽になり少し改善されていくこともありますが、治すのは難しいことです。

何故病気になっているのか、本人が愛との不調和の結果である事を気付く(気付かせる)為に病気になっている様です。

 

ヒーリング中に指導霊から「この者の病気を治さないでくださいと伝えられ・・・この者の病気を治すと悪行三昧を繰り返しカルマの上乗せになるだけで、来世での克服がさらに困難になるので」との事です。

 

 

波動アップヒーリング

波動アップヒーリングとは 無限にある大いなる愛のエネルギーを心身に流し肉体波動や霊性波動を高めていくことです。
また大いなる愛の力により愛に導くヒーリングでもあります。

 

心の中心に実在する内在の大いなる愛(内なる神)と繋がる事で一体となり肉体を通してエネルギーが現れてきます。
 

自分の波動が日々上がるにつれてヒーリング法も新たなやり方が加わりました。
ヒーリング中に吐く息から白光が出ているのを霊眼で観て お釈迦様はこのヒーリングの方法を行っていたと瞬時に解り この方法を取り入れています。

 

今では 内在の愛が直接私の肉体を媒体とし 愛そのものがヒーリングをしている時が多いです。 

また悟って愛の世界に帰った聖者方が私の肉体を媒体にして、その人の波動状態に合わせヒーリンクをしながら霊性指導をする事もあります。

 

波動アップヒーリングで エネルギーを流すことで 心が愛に満たされ癒されていきます。

いきなり極端な高波動でチャージしますと エネルギーギャップで逆に辛くなりますので その人のエネルギー状態に合わせ自動調整で流していきます。

 

愛のヒーリングで 霊性波動を上げていく事で 真理(愛)への理解力も増していきます。
何故なら愛のエネルギーそのものが真理であって愛に導く力でもあり、真理への理解力エネルギーでもあるのです。

 

エネルギーは高いところから低い方へと流れていきますから、日にちが経つにつれ 徐々にエネルギー状態が下がってきてしまうので 真理を理解し自分でも霊性波動を上げていく必要があります。
 
波動をアップするヒーリングでエネルギーを与えてもらうという行為は 昔の悟りでは許されない行為だったようですが 愛の国に戻ってくる者があまりにも少ないので 今回は特別に許可が下りました。